ニュース

2014/10/28
あがた児童センター上棟

上棟した松本市あがた児童センターの木構造の社内勉強会をおこないました。

敷地は松本市内の蚕糸公園内にあり、周辺には重要文化財の「旧松本高等学校本館」があるなど、緑豊かで文化的な環境に位置しています。
構造は許容応力度設計による木造在来軸組工法で、柱や梁に長野県産のからまつやすぎ材を使用しています。構造部材は力を確実に伝えるため、ジョイント部にスチールプレートによる製作金物等を使用しています。また、スパンの大きな空間は集成材とスチールの組み合わせによる張弦梁を採用し、集成材の断面寸法を小さくして材積の増加を抑え、すっきりとした印象の空間をつくっています。外壁面に斜材による格子状の耐力壁を表しで配置して、木材の特性を生かし、表情豊かで暖かみのある建築を計画しました。

  • お客様の声
  • 受賞・メディア
  • インテリア・イノベーション
  • アーキディアッククラブ